(2024)松本人志の年収推移は?年収の内訳は?総資産は100億円に昇る

(2024)松本人志の年収推移は?年収の内訳は?総資産は100億円に昇る

現在、芸能活動休止中の松本人志。その年収と年収推移、内訳と貯金などについて気になる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな松本人志の年収について、年収推移、年収の内訳、総資産と貯金額について書いていきます。

結論から言うと、

松本人志の年収推移は、2005年まで公表されていた長者番付(高額納税者)の表から知ることができ(30代)、当時は約2〜8億円で推移していることが分かりました。

また松本人志の年収の内訳は、現在だとテレビ番組とcmです。

松本人志の総資産については、100億円に昇り、貯金額は20~30億円と予想しました。

これらの詳しくはブログに書いたので、気になる人はぜひ見て行ってください!

松本人志さんの年収推移

長者番付(高額納税者)が公開されていた2005年までは、松本さんの年収が具体的にどれくらいかの予測ができました。参考サイトによれば、納税額の約3倍が大体の年収になると予想できるため、それをまとめたのが下記の表になります。

1992年18,153万円
1993年29,754万円
1994年49,047万円
1995年79,020万円
1996年78,822万円
1997年56,664万円
1998年49,056万円
1999年29,151万円
2000年35,817万円
2001年32,613万円
2002年31,359万円
2003年36,042万円
2004年32,214万円

参考:https://youtubelib.com/kougaku-nozei

松本人志は1963年生まれなので、この表は29歳から41歳までの年収を表しています。数字を見てみると、約2〜8億円で推移していることが分かりますね。1995年と6年が最も値が高くなっていますが、これは松本人志の書籍が発売されその印税が入ってきて、また初のレギュラー番組を受け持ったことが理由と考えられます。

印税

松本人志の書籍は「遺書」が約250万部売れ、

あわせて読みたい

松本」が約200万部、売れました。

あわせて読みたい

印税を10%と計算すると、それぞれ本体価格が970円なので、

450万部✖️970円✖️10%

で、4億3650万円となります。

松本人志の年収の内訳

松本人志のテレビ番組の収入

テレビスクリーン

活動休止前、2023年は松本人志のレギュラー番組が、コンビで週3本、単独で週4本

松本人志のレギュラー番組

  • ワイドナショー
  • 人志松本のすべらない話
  • まつもtoなかい〜マッチングな夜〜

ダウンタウンのレギュラー番組

  • ダウンタウンDX
  • 水曜日のダウンタウン
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで

松本人志の1本のギャラは200万円程度と言われています。

200万円✖️週7本✖️月4回✖️12ヶ月 で、レギュラー番組だけでも約7億円

他、「M-1グランプリ」などの特番にも出演しているため、テレビ番組で約8億円稼いでいる可能性があります。

CM収入

寿司

松本人志さんの1本の契約推定額は7000から8000万円

2023年は、コンビでくら寿司のcm単独でプライムビデオのcmの2つ、に出演しています。

なので計算すると、CM収入は2023年では約1.5億円になります。

松本人志の貯金

お金

前述の年収推移や現在の年収と、1988年(25歳)の東京進出を機会に年収を上げてきたと仮定して、そこから平均年収が3億円と仮定すると、

3億✖️35年間(25歳から60歳)で、総資産は約105億円と推測されます。

一般的に収入の20から30%を貯蓄に回すと良いと言われているので、この計算にあてはめると、

松本人志の貯金は約20から30億円程度となります。

まとめ

今回は、松本人志の年収について、その推移と内訳、総資産と貯金について予想しながら書いていきました。

まとめると、

松本人志の30代の年収推移は、約2〜8億円。現在の年収は、10億円と予想。

内訳は、テレビ番組で約8億円。cmで、約1.5億円。

総資産は、約100億円で、貯金は約20〜30億円と予想。

ありがとうございました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA