【特定】靖国神社に落書きした人物は董光明(鉄頭)。顔画像と自宅住所も

【特定】靖国神社に落書きした人物は董光明(鉄頭)。顔画像と自宅住所も

靖国神社に放尿、落書きというあるまじき行為をした中国人は、現在帰国してしまっている。

ただ、その顔画像と自宅住所が特定できました。

この人物を確保することができたら、高須院長が懸賞金500万円を渡すことをxで発信をして、話題にもなりました。

靖国神社に放尿、落書きした動画

由緒正しき靖国神社に対して、このような下劣な行為をすることは許し難いですね。

彼は器物損害容疑で捜査されるようです。

また、靖国神社には246万余柱が眠る近現代日本の戦没者追悼の中心施設であり、このような行為は彼らへの冒涜にあたります。

ただ中国外務省は注意喚起のみに終わり、日本の岸田首相と小池都知事も犯人の引き渡しを要求していないらしく。そこらへんの対応を早急にしてもらいたいと思う。

董光明(鉄頭)のプロフィール

  • 活動名:铁头(ティエトウ)(鉄頭/アイアンヘッド)
  • 本名:董光明(ドン・グァンミン)
  • 住所:杭州市浜江区や上海市と言われている
  • 出身地:浙江省舟山市岱山県
  • 生年月日:1987年12月1日
  • 年齢:37歳
  • 前科:あり(カジノ開設・不法拘禁)
あわせて読みたい

この記事から、董光明は浙江省舟山市出身で、大学教育は受けていたことがわかりました。

Google マップ
Google マップ Google マップで地図を検索。乗換案内、路線図、ドライブルート、ストリートビューも。見やすい地図でお店やサービス、地域の情報を検索できます。世界地図も日本語で、旅...

董光明は迷惑系YouTuberであった

今回の事件の前の予告動画も配信しています。

中国のSNSサイト、bilibiliの本人アカウントです。

董光明の行為の意図

動画でも語られていましたが、董光明は日本の原発の排水を海に流していることへの怒りがありました。

その日本の精神性を否定したいため、日本の精神の中枢である「靖国神社」を犯行の対象としたと言っています。

また、今回の行動に対して、称賛する中国人がいることに憤りを覚えます。

中国では、反日が一定数いることを示唆しています。

まとめ

今回の事件を起こした董光明は、現在中国に帰還しています。

中国政府の対応が厳重注意という対応に対して、日本政府は身もとを確保するなど、対策を立ててほしいです。

またk何か追記事項が出てきたら、追記していきます。

ありがとうございました。